精神障害20年間で倍増、台湾

文献:Fu T et al.Changing trends in the prevalence of common mental disorders in Taiwan: a 20-year repeated cross-sectional survey.The Lancet, Early Online Publication, 12 November 2012.

 台湾で精神状態を評価するアンケート(回答者9079人)を基に、工業化による社会変化の中での頻度の高い精神障害(CMD:common mental disorders)の有病率を横断研究で検証。probable CMDの有病率は、1990年の11.5%から2010年の23.8%へ倍増した(経時的傾向のP<0.001)。