慢性疲労、脳に抗体が侵入

 理化学研究所は12月12日、慢性疲労症候群患者の血中にある自己抗体が、脳内に侵入して神経伝達機能を低下させていることをPET(陽電子放射断層撮影)検査で解明したと発表した。理研分子イメージング科学研究センター分子プローブ動態応用研究チームの渡辺恭良氏らをはじめとした多施設共同研究の成果。

 かねて慢性疲労症候群患者の血中からは特殊なタンパク質が検出されることが分かっている。研究グループは、患者の約半数から見つかっている「ムスカリン性アセチルコリン受容体(mAChR)に対する自己抗体」に着目。mAChRはアルツハイマー型認知症やパーキンソン病、統合失調症などにも関わるため、mAChR自己抗体が慢性疲労症候群患者の脳機能に影響を及ぼしていると考えた。

 研究グループは、まず200人の慢性疲労症候群患者に検査を行い、確実にmAChR自己抗体を持つ8人を選定。うち、協力が得られた5人と、自己抗体を持たない患者6人、健常者11人に対してPET検査を実施。神経細胞のmAChRと1対1で結合するプローブを使い、脳内局在を定量的に調べた。結果、自己抗体のある患者では、脳のmAChR発現量が10-25%低下していた。

 研究グループは今回の結果を踏まえ、患者血中のmAChR自己抗体が血液脳関門を通過し、脳神経細胞のmAChRに結合、ひいては脳機能に影響を及ぼすと想定している。