日本うつ病学会、併用禁止薬の併用を避けるよう警告

 日本うつ病学会は12月17日、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)には他の薬剤との相互作用による副作用リスクがあるため、併用禁止薬の併用を避けるよう求めた文書をホームページに掲載した。特にピモジドなどQT延長などをもたらす可能性のある薬には注意するよう呼びかけている。

 2012年10月に、10歳の児童が日本脳炎ワクチン接種5分後に心肺停止となり、約2時間半後に死亡するという事例が報道された。この児童は広汎性発達障害と診断され、6月よりアリピプラゾールとピモジドを内服、9月に塩酸セルトラリンを追加服用し、3剤を併用していたと報告されている。

 学会は、向精神薬の中には、QT延長を引き起こし、致死的な不整脈を誘発する薬があり、特にピモジドのQT延長は繰り返し報告されていると指摘。さらに、アリピプラゾールやピモジドを代謝する肝チトクロム酵素は、セルトラリンにより軽度に阻害され、これら薬剤の血中濃度が上昇する可能性もある。当事例ではピモジドとセルトラリンの併用が長期に及び、ピモジドが心筋細胞内に蓄積、QT延長を引き起こした可能性が考えられると説明。学会員に向け、薬剤投与前後には必要に応じて心電図などでモニタリングを行うよう依頼している。