来談者中心療法

アメリカの心理学者 カール・ロジャースにより提唱された心理療法の一つの流れである。

来談者に働きかけることを批判し、来談者に内在する成長の動機づけを全面的に信頼し、これを非指示的な治療態度と技法を用いることを提唱した。クライアント中心療法と呼ぶ人もいる。

すべてのクライアントは、自分の問題をより適切に解決してゆく潜在力を持っている。クライアントこそが主役であってクライアント自身が主導して治療者がそれを的確にフォローしてゆくことが課題である。面接そのものいま、ここでのあり方を尊重する。感情の明確化と反射が主役で、より深い問題への認知へと直面するのを援助するという手法をもちいる。

基本的治療態度は、自己の真実の姿を見つめる真実性、無条件の肯定的配慮、共感的な理解の3つである。

実際にロジャースが、クライアントと面接しているビデオを見たが、非指示的には、かなり遠く突っ込んだ質問といいろいろなアドバイスも行っていた。私もそうであるが、共に観賞したものの感想も一様に、ロジャースのイメージが、変わったと感想を述べていた。