行動カウンセリングとは

行動理論とは、外に現れた行動分析対象とすることで、目に見えない人間の内面を明らかにしていこうとする考え方である。その背景には、ビントが人の意識を探る手法として用いた「実験的内観法」に対するワトソンのデーターの客観性についての批判がありました。

これ以降、行動理論を支持する研究者たちは、古典的条件付け理論、オペラント条件付け理論、観察学習理論など、学習心理学の諸理論を基本原理とした S-R(刺激-反応)の連合による学習の成立を重視し、その理論を打ち立てていきました。

行動カウンセリングは、心理療法のように過去や無意識を掘り下げることをしないあくまでもその人の困っている問題・新しい問題に対して行動レベルで対処します。

その際、たとえばもつれた毛糸をほぐすのと同様にほぐしやすいところ(変わりやすいところ)を見定めてアプローチしてゆきます。

これはその問題がクライエントにとって主要な事柄でなくても、わずかでも問題の状況を好転させることにより、モチベーションを高め、自発的な行動変容を促す目的があるためであります。

行動理論の基本原則は、以下の9つです。1.経験的心理学に基づいている。2.問題を重視する

3.問題を引き起こしやすい素質、誘発する状況、持続させる状況を区別する。4.目標を重視する。

5.行動を重視する。6.変容を促す行動の機能的活用の場を治療的環境だけに限らない。

7.透明性がある。8.クライアントの自助を支援する。9.常に進歩を目指す。(国分訳 1981)

です。  この考え方を発展させたのが認知行動療法です。 これはひとの行動を変容させるために

、認知(物事の捉え方)の変容を促すという考え方にもとづいています。それは、行動カウンセリングの幅を広げていきました。

 

 

 

 

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー


個人情報の保護について
 
ナチュラルシーンでは、安心してカウンセリングを受けていただくために、
ご利用者の個人情報の取り扱いにも細心の注意を払っています。
 
 個人情報の利用目的について 
 
 
 個人情報の第三者提供について
 
ナチュラルシーンは、法令または当事業所が遵守することを表明している倫理規定に定める場合を除き、
個人情報をご利用者の承諾なしに外部に提供することはありません。
 

また、個人情報の収集は、情報提供者本人の意思に基づくことを原則といたします。

個人情報の利用目的について
 
ナチュラルシーンでは、ご利用者の個人情報を下記の目的で利用させていただくことがあります。
 利用目的
 
1. ご予約の変更や確認、にかかわる連絡などの事務作業
2. 適切なカウンセリングやコンサルテーションを行うための参考情報とするとき
3. 他機関からのご紹介の場合の、ご紹介元への報告 
4. 適切なカウンセリング実施のための他機関との連携
5. 法律(法令)によって、情報収集を強制される場合
6. ご利用者の希望にもとづく、ご家族等への説明
7. その他、ご利用者とのやりとりを適切かつ円滑に行うため
 


 ○個人情報の利用と第三者への提供の禁止について

カウンセリングオフィス「ナチュラルシーン」は、
収集した個人情報をカウンセリングの目的で利用いたします。

こちらの相談室は、個人情報を厳重に管理いたします。
個人情報を第三者に開示・提供することはございません。

ただし、以下に該当する場合は、
個人情報を開示・提供することがございます。

・お客様の同意がある場合
○個人情報保護指針の改定について 

カウンセリングオフィス「ナチュラルシーン」は、
法令の変更や個人情報保護の強化などのために、個人情報保護方針を改定することがございます。

その場合は、必要に応じて、ホームページ上で掲載いたします。 

 

■ 免責事項
当カウンセリングルームが提供するサービスを利用された場合、お客様は上記プライバシーポリシーに同意して頂いたものと判断させていただきます。

ご相談者様がご相談内容に対する回答を利用したことにより、
万が一不都合や不利益を被った場合でも、回答したカウンセラーおよび管理者、
その他本サイトの運営に関わるいずれもその責任を負いかねます。
あらかじめご了承ください。

コーピングスキル

 コーピングスキルとは、ストレスに対応する技術のことを言います。 コーピングは、外界から与えられる刺激   
( ストレッサーと呼ぶ)によって喚起される、情動的反応や身体的変調を低減するため、あらゆる認知的・行動的努力です。 そしてストレスと上手に付き合うためには、コービングスキルのレパートリーを増やし、適切な選択により 実行できるようになることが、重要です。
たとえば PTSD(posttraumatic stress disorder) の脆弱性に関する研究で、PTSDは、事故や事件など危機的な出来事が誘因となって生ずる心理的障害でありストレス反応の極端な例であります。しかしながら、同様な 危機的出来事を体験してもPTSDを生じる人とそうでない人が知られていまして、どのような要因が
PTSDを生じやすくするのかが、研究の論点となっています。(Brock et al ,2001)

白波 瀬(2002)は、PTSDのリスクファクターとして@生物学的・遺伝的要因 A心理学的要因 B環境的要因

C認知的および対処的要因を挙げています。

心理学的要因については、自己効力感や自己コントロールの高さが発症に対し予防的に作用します。

環境的要因は、家族の適応状態が、好ましくないことや、援助的資源がないことがリスクをたかめるといわれています。

認知および対処要因については、その出来事をどのように理解し受け止め評価するかやストレスに対するレパートリーの広さがPTSDに影響を与えることが知られています。

 

コーピングには、ラザラスが提唱するストレスコーピングの2種類で、情動焦点型コーピングと問題焦点型コーピングに大別されます。

情動焦点型コーピングは、回避や静観、気晴らしなど、ストレス状況に置かれたときに生じるネガティブな情動そのものを軽減しようとするコーピングであるのに対し、問題焦点型コーピングは、問題の所在の明確化や情報収集、解決策の考案など、問題解決のための環境や自分自身を積極的に変化させようとするコーピングです。

情動焦点型は,、多く用いてほしい方法と用いることを避けてほしい方法があります。

その中の積極的認知対処は、自分自身の感情をコントロールしたり、ストレスとなる出来事に肯定的な意味を持たせたりといった認知行動療法の一つの技法として確立されています。

また問題解決型は、ストレス状況を変えるための問題対処中心による努力や、問題解決するために状況分析を行う対処です。この方法を用いる人は、あまり用いない人と比較して、同じ出来事を経験してもストレスと感じづらく、したがって抑うつ的になったり 、不安に感じたりすることが少ないと言われています。

その状況、その方々ごとに教育、習得、ワークを行っていきます。

日本語版 WCC コーピングスケールとしていろいろな選択肢がありますが、経験、

コーピングとの相性、熟練度により組み合わせや手法が変わります。 

問題解決

  • 経験に照らし合わせて解決方法を考える。
  • 出来事の状況をもっと詳しく調べる。
  • 問題解決のために積極的行動に出る。
  • 良い結果を生むことがあれば、全力でそのことに集中する。
  • あきらめてしまわず、なにか可能性を見つける。
  • 計画を立てて実行する。
  • あわてずゆっくりと行動する。
  • 何か状況を変えて、ことがうまく運ぶようにする。
  • 1つ1つ物事を処理してゆく。
  • 解決するための努力が足りないと考え、いっそう努力する。
  • いろいろな問題の解決法を試みる。
  • 自分の望みを叶えるために努力をし続ける。
  • 自分自身を変えて問題を何とか解決する。
  • 専門家に相談してその指示に従う。

積極的認知対処

  • その出来事にプラスの面を見つける。
  • 一歩退いてその出来事を見直す。
  • どうにかなると考え心配しないようにする。
  • 妥協して困った出来事の中にも何か良いことを見つける。
  • 自分自身を成長させたくましくする。
  • 最良でなくその次に良いことでも受け入れる。
  • 苦労を良い経験として活かす。
  • 物事の処理を妨げないように、心を落ち着けるようにする。
  • 睡眠を多くとり休養する。
  • スポーツなどで気分転換する。

ソーシャルサポート

  • 友達に相談する。
  • その問題について誰かに話して情報を得る。
  • 誰かに共感や理解を求める。
  • 問題の解決を手助けしてくれる人に相談する。
  • 信頼できる人にアドバイスしてもらう。
  • 誰かにそのことについて聞いてもらう。

自責

  • 自分自身を責める。
  • 自分自身を批判する。
  • 問題の責任は自分にあると考えるようにする。
  • 自分がもっと強い人間だったらと考える。

希望的観測

  • 誰かが助けてくれることを願う。
  • 奇跡が起こることを望む。
  • 嫌な経験が消えてしまえばと考える。
  • 良い時のことばかり思い出している。
  • ああなったら、こうなったらと仮定のことばかり夢見ている。
  • 非現実的なことを考えて気分転換する。

回避

  • 人にあたって気分を紛らわす。
  • 食べることで緊張を和らげようとする。
  • 急場さえ切り抜ければ何とかなると考える。
  • 問題を回避できなかったことを後悔する。
  • 問題の原因である人に腹を立てる。

問題解決、積極的認知対処は、できるだけ多く用いることが好ましい対処方略で、抑うつや不安感を減少させます。後者は、認知行動療法の技法のひとつとして確立されています。

ソーシャルサポートは、ストレスとなる出来事に対していろいろな情報を得たり感情的な面で、いろいろと他の人からの支えを求める情緒中心対処における行動的努力です。

その他の3つの方法(自責・希望的観測・回避)は、不安感や抑うつ感を増強させる好ましくない方法です。(nakano,1991c)。しかし回避に限り用いることが有効なストレツサーもあります。大切な人の死、末期がんがみつかるなどです。(ストレスマネジメント入門 2005 中野)

 

 

 少し複雑になってきますが、複合的解決法も検討されています。

これまでの多くのコーピングスケールを理論的に整理して集約したものもあります。  

1.関与−回避 態度は積極的に関わるか、回避しようとするか

2.問題−情動 ねらいは問題解決か、気持ちの安定か

3.認知−行動 方法はどうするか考えるか、行動に移すか

  

情報収集:関与・問題・行動

 既に経験した人から話を聞いて参考にする

 力のある人に教えを受けて解決しようとする

 詳しい人から自分に必要な情報を収集する

計画立案:関与・問題・認知

 原因を検討し、どのようにしていくべきか考える

 どのような対策を取るべきか綿密に考える

 過ぎたことの反省をふまえて、次にすべきことを考える

カタルシス:関与・情動・行動

 誰かに話を聞いてもらい、気を静めようとする

 誰かに話を聞いてもらって冷静さを取り戻す

 誰かに愚痴をこぼして、気持ちをはらす

肯定的解釈:関与・情動・認知

 悪いことばかりではないと、楽観的に考える

 今後は良いこともあるだろうと考える

 悪い面ばかりでなく良い面も見つけていく

放棄・諦め:回避・問題・認知

 自分では手におえないと考え、放棄する

 対処できない問題であると考え、あきらめる

 どうすることもできないと、解決をあと延ばしにする

責任転嫁:回避・問題・行動

 自分は悪くないと言いのがれをする

 責任を他の人に押し付ける

 口からでまかせを言って逃げ出す

回避的思考:回避・情動・認知

 嫌なことを頭に浮かべないようにする

 そのことをあまり考えないようにする 

 無理にでも忘れるようにする

気晴らし:回避・情動・行動

 買い物や賭け事、おしゃべりなどで時間をつぶす

 ともだちとお酒を飲んだり好物を食べたりする

 スポーツや旅行などを楽しむ

 

参考文献(TAC−24) 神村ら(1995)

 

 

 

 

 

ストレスマネジメントについて

ストレスマネジメント

ストレスに対処するためには、いろいろな方法があります。

 今回は、音声フアィルにてストレスの仕組みとその対処方法について 案内させていただいています。

  ストレスマネージメントについて.mp3              8分程となっております

ストレスマネジメント

 

 

  ストレスに対処するためには、いろいろな方法があります。

 

   今回は、音声フアィルにてストレスの仕組みとその対処方法について 案内させていただいています。

 

   ストレスマネージメントについて.mp3         8分程となっております。