感情と健康1

健康状態を作り出す基盤としての感情果たす役割について。

感情という生物学的システムは,健康状態を作り出し,健康を維持する中心的な役割を果たしていると考えられる。われわれ人間が備えている感情システムの性質と作用を理解することが,健康の維持増進と生活習慣病を含む疾病の予防・治癒の鍵であると考えられる。

感情システムは本質的には,生命を維持するために進化したものであり,感情システムが適正に作動することにより健康状態が実現する(余語, 2007)

感情システムは生命活動を守る免疫システムであり,環境と生活体の関係に応じて,最適な反応モードを活性させ,問題解決を可能にしているように見える(余語, 2007)

ストレスと健康として,何世紀にもわたりさまざまな非物理的な現象−ヒステリー,うつ,神経衰弱,心配,緊張のような状態が疾患の原因やそれに寄与する要因になりうるものとして注目されてきた(Doublet, 2000)。またこれは,生体が脅威を受けたときには,主として自立神経系による自働調整機能が働き脅威への対処と体内環境の安定性の回復が実現する。

1970年代以降は生物学的要因だけではなく心理行動要因や社会的要因が健康に寄与するとする仮説を検証する心身医学,行動医学,健康心理学,精神神経内分泌免疫学などの健康科学の研究が盛んになってきた。ヘンダーソンとバウムは(Henderson & Baum, 2005),健康の行動学モデルを提案している。このモデルは,ネガティブ感情が健康状態の維持や疾病の重要な役割を果たすものとして位置づけられている。このモデルでは,身体健康ならびに精神的健康状態に作用する主要な要因として,生物学的変化と行動の変化,そしてネガティブ感情に注目する。中枢神経系において外的事象や内的事象の検出・解釈・診断がなされると,生物学的変化とネガティブ感情状態が生じる。生物学的変化とネガティブ感情状態はしばしば同時に行動変化を促す。

主観的健康感について

主観的健康感に関する研究

今日においては,医学的な健康度だけで個人の健康を評価することは非常に難しい。「健康とは,肉体的,精神的,そして社会的に完全に良好な状態であり単に疾病や虚弱さがないというだけでない」と世界保健機関(WHO)で定義されている。

1946年にこのWHOによる健康の定義が紹介された当時は,健康要素に身体的,精神的要素に加えて社会的な要素が追加されていたことが高く評価されていた。しかし中川(1977)によれば,健康の定義が紹介された時は,これを測定することが出来ないという批判があった。その後,その定義が含まれる概念を測定する技術が発達し,この定義が受け入れられるのに寄与した(中川,1977)。こうして第二次世界大戦後はこの定義に基づき多くの健康指標が開発され用いられてきた。 わが国は戦後の高度経済成長を経て,人々の生活は豊かになり国民の寿命は伸びてきた。 そして生活様式や価値観の多様化した現代社会においては,身体的側面以上に健康の精神的,社会的側面の重要性,特に一人一人の生き方や主観性を重視した健康施策を検討する必要性が高まっている(三徳, 2008) 近年では自身の健康状況を自らが評価する指標として,主観的健康感(self-rated health )というの尺度を用いた健康成果が注目されている。主観的健康感は医学的検査などによる客観的な健康度の調査が,困難な場合に,その代替え指標として,主に社会調査において活用されてきた。客観的な指標は,専門家から見た評価尺度によって,健康状態を評価しようとするのに対して,主観的健康感は人々の主観的で自主的な判断に基づいて自己評価するところに特徴があると考えられている。このように人々の健康の関心は,疾病から,生活の質(QOL)といったポジティブな側面に重点が移り,QOL(Quality of Life 生活の質),生活満足度,主観的健康感などの,集団よりも個人レベルの指標が重要視されるようになってきた。そして健康を促進するためには,これまでの病気の治療や予防という取り組みに加えて,今後は,「主観的健康」「幸福」「満足」「安寧」なども理解し把握する必要がある (園田・川田,1995)

主観的健康感に関する,初期の研究は,1950年代後半より米国の老年学の領域ではじめられた。米国では1972年以降のNational Health Interview Surveyの調査項目に主観的健康感に関する調査項目が導入された。わが国でも1986年の国民生活基礎調査に主観的健康感が導入され今日まで続けられている。 わが国では,生命予後や生活機能を外的基準とした研究において主観的健康感が高いほど疾患の有無にかかわらず,生存率が高いこと,また生命予後の予測妥当性を持つことが明らかにされている(芳賀・柴田・上野,1991)

これまで主観的健康感と生存との関連を,年齢・世代別に観察した研究は少なかった。いくつかの報告では関連性は高齢者のみでなく,若年層や中年にも見られること,85歳以上では関連が弱いことが示された(三徳,2008)高齢者においては,主観的健康感が高いほど生活満足度が高いこと(Larson1978),また,健康状態の感じ方や生活満足感,健康に対するイメージは,健康にかかわるライフスタイルや生活習慣,生活行動に影響を与えるものであると報告されている(小笠原・渡邊・煙山,2005a)

高齢者においては,主観的健康感と生活満足度の相関は,認められている(小笠原・渡邊・煙山, 2005b)。

精神的健康について2

女性の健康についての免疫学的研究では,男性に比べ女性の精神障害有病率が高いことが示されており(Kesler,McGonagle,&Zaho,1994),北米における最大規模の精神科地域調査(Epidemiologic Catchment Area Study)でも,うつ病と気分変調障害において女性の生涯有病率が男性の2倍近いこと,また女性の発病は青年期以降に多い事が同時に報告されている(Weissman,Bland,Joyce,Newman,Wells,&Wittchen,1993)。これらのことからも成人女性の精神的健康の向上は,重要な課題であると考えられる。
未来への志向性については,過去がネガティブなものであっても,現在を充実させ,未来への志向性を持つことで,精神的健康度が良好に保たれることが日潟・斎藤 (2007)から示唆されたが,青年期の時間的展望の発達プロセスの解明には今後研究も必要である。過去・現在・未来の出来事の意味づけを明らかにすることが今後の課題となっている。

現在までの研究の成果及び今後の課題と方向性について
三浦・青木 (2009)はa.大学生の精神的健康は,大学生活を含むライフスタイルとの関連が強い,b.食生活や睡眠等の一部の生活習慣と精神的健康の関連を見ている研究はあるが,
ライフスタイル全体との関連を見ている研究は少ない,c.多くの研究が精神健康の指標として抑うつ度を用いており,抑うつ度が低ければ精神的に健康であるとしている,d.精神的健康に関連する要因としては,自己認知や自信感,志向性など,精神的な要素は挙げているがその因果関係は特定されていない,e.学習意欲や学業成績,サークル活動,その他の活動と精神健康との関連を見ている研究は少ない,ことなどを明らかにしている。
精神健康の関連性は多田・濱野(2003)によれば,コントロールとコミットメントは精神健康を高めるという結果が得られている。年齢や性別ごとの分析から大学生にとってコンシトロールが,中高年にとってコミットメントが精神的健康との関連が強かった。青年期にある学生にとって,自分の努力が成績などの成果につながるという実感が強いという可能性がある。一方で,中高年になると自分の努力が必ずしも良い結果に結び付かないという人生観を持ち合わせており,結果を求めるよりも,自分の置かれた状況に主体的に関わることで精神健康が高まるかもしれないといわれている。
一方,大学生に比べ多くの研究が進められている高齢者の健康について,「QOL向上の観点から見るには,抑うつ尺度だけでなく,主観的健康感,主観的幸福感,生活満足度,自尊感情などの指標の併用というより積極的な概念に基づく指標を用いることも有効(増地・岸, 2001)とされている。

 

大学生の精神的健康について1

大学生の精神健康に関する研究 1
従来の青年期における精神健康に関する研究では,損なわれた心的機能の治癒という観点から,無気力感やストレスの認知・反応・対処など精神的な不健康さからのアプローチが多く見られた。しかし近年否定的な側面からだけでなく欧米では,健康な心的機能の維持や才能・資質を伸ばすといった,「いかに精神的に健康か」という肯定的な側面にもっと注目した研究を進めようという動きが広まっている(Seligman,1998)。
現在日本における「いかに精神的に健康か」という肯定的な側面に焦点を当てた研究は,自尊感情を用いることが一般的である。しかし社会適応の観点から捉えようとする場合,自尊感情のみで精神的健康の指標にすることは疑問であり他の健康指標との検討も必要である。三浦・青木(2009)では,「大学生活の評価」において満足度が低い学生は,GHQ得点が高い,すなわち健康度が低い傾向にあった。また「食事の不規則性」「自主休講あり」「起床時刻の不規則性」はGHQの高得点に寄与しており,不規則なライフスタイルは精神的健康度を低くすることが示された(三浦・青木, 2009)。また大学生の食生活を中心とした生活習慣と精神健康との関連性での研究 (富永・清水・森・児玉・佐藤, 2001)の結果,肉類,牛乳,乳化製品,野菜類の低摂取頻度群は,精神的健康度が低い傾向にあることが示された。また精神健康度とUPI得点(精神健康度が低いと高得点)と現在の健康状態は男女ともに負の相関が,さらにストレス度とは正の有意な相関が認められた。また女子においてはUPI得点と熟睡度,就寝時間に有意な負の相関が認められた。さらに友人関係などの相談相手の相談の有無が精神的健康に与える影響については,相談相手がいない者が有意に高得点,すなわち精神的健康度が低いことが示された。
その他精神健康と関連がある要因として,自己高揚的な自己認知があげられる。本人の精神面の健康や自己認知との関係性については,自己をポジティブに捉える方が相対的に健康であることが示されている(外山・桜井,2000)。しかしその因果関係の特定が不十分であるため,縦断的研究と実験手法によって,自己認知と精神的健康の因果関係を, より明らかにすることが今後の課題とされた。また精神的健康状態と関連の強いライフスタイルには,性差があることが示された(上岡・佐藤・斎藤・武藤,1998)。男子では,全身持久力,規則性のあるライフスタイル,大学生活の充実ぶりが大きく関与している。女子では,大学生活そのものの評価がもっとも重要であり,健康への不安も大きく関与している。また過去に多くの自然体験を行っている者は,現在の社会適応力があり,まわりからの情緒的支援の認知が高く特性不安が低かったことから,精神健康にも良い事が明らかになった(小林・宗像, 2002)。

吉祥寺第二ミーティグルーム紹介

西荻1.jpg大人数やセミナー 勉強会のときにご利用いただけます。

 

 

 

 

 

通常は、上記のユニアスビルでのセッションになります。

認知行動療法について

認知行動療法

 

認知行動療法は、ベック(Beck,A.T.)の認知療法、マイケンバウム(Michenbaum,D.H.)
 のストレス免疫訓練、エリス(Ellis,A.)の合理情動行動療法など、それぞれ別個に

提唱され発展してきた新しい行動療法の総称です。

現在米国心理学会認定の臨床心理士養成大学院では、8割のコースが認知療法を実習に取り入れ、半数のコースが、認知行動療法を最も主要な技法としています。イギリスでも、英国心理学会認定の臨床心理士養成大学院では、認知行動療法が最も主要な技法となって います。 

認知行動療法と言いますのは、抱えている問題を「認知(考え方)」を通して別の角度から見たり、思い込みを修正してゆく手法です。

それは、そもそも性格を変えるというのではなくて、「物事の受け止め方」をかえるという 手法です。ひとは無意識のうちに数万回もの思考をしていると言われています。

そのうちの問題のある思考を変えられれば、目に見えて精神的変化が生まれます。

 心理療法は、認知行動療法のような現実指向的なものが有効であるということが分かってきていて、薬物療法と心理療法の併用が有効というデーターが出てきています。 

また近年、不安や恐怖が中心となっているような症状、たとえば社会不安障害、強迫性障害、パニック障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、恐怖症などに対する心理療法では、認知行動療法が有効であるという報告が数多くみられるようになっています。

認知行動療法は、問題のある思考パターンを修正してゆきます。
 

1. 「すべき思考」 何かをする時に「・・すべきだ」とか「・・しなくてはならない」と必要以上に自分にプレッシャーをかけてしまう。2. 「全か無か思考」完全な成功でないと満足できない。少しでもミスがあると「すべて失敗」と思い込み全否定する。3. 「こころの色眼鏡」良い面は視野に入らず、悪い面だけを見てしまう。4. 「レッテル貼り」ミスをした時に冷静に理由を考えずに 「ダメ人間」 「怠け者」 などと否定的なレッテルを貼ってしまう。5. 「感情的な決め付け 自分の感情を根拠にして物事を判断してしまう。6. 「結論の飛躍」 根拠に基づかずに悲観的な結論を出す。  悲観的占い:根拠もなく悲観的な未来を信じ込む7. 「マイナス思考」 なんでもないことや、どちらかと言えば良いことなのに、悪くすり替えてマイナスに考えてしまう。8. 「拡大解釈と過小評価」  自分の欠点や失敗を過大に捉える一方で、自分の長所や成功をいつも「取るに足らないこと」と思ってしまう。9. 「過度の一般化 一つの失敗や嫌な出来事だけを根拠に「何をやっても同じだ」と結論づけたり、この先もずっとそのことが起きると考えてしまう。10. 「自分自身への関連づけ」  問題が起きた時に、様々な要因があるにかかわらず「すべて自分のせいでこうなってしまった」と考えてしまう。 これらの自分の自動思考(パターン)とその背後にある認知、そしてその「歪み」を探し出し、発見します。そして、繰り返し現れる自動思考、特徴的な自動思考から、問題のある「スキーマ」(絶対的信念)をあぶり出します。それが判明したら、それを修正するようにします。というような一例の手法で、ある程度カウンセリングを受ければ、個人でもできるようになります。すこし難しく書いていますが、実際は、基本的な リフレーミングや認知行動療法カードにてわかりやすくカウンセリングを行います。  

認知行動療法.bmp 

 認知行動の図.bmp

 

大学生の健康について

 現代社会において,大学生は多くの心理社会的刺激にさらされ日々ストレスを抱え生活している(橋本,2000)。「学生の健康白書2005」によると20年前に比べ休学率も退学率も増加しており,その中の529人の休学の理由となっている精神障害の内訳としては,気分(感情)障害が52%とその中の半数以上を占めている。また「体の調子は良い」と答えた大学生が,83%であったのに対し,精神的な面では,「なんとなく不安になる」が44%,また「人との関係で傷つくのが怖い」と思っている学生が52%という結果がある。このように身体的な健康に対して,精神面での問題における学生の不安定さが指摘されている。
また大学生においてはかなり多くの学生が心理的問題を抱えているという報告があり(福田,2000),学業上の問題,対人関係,金銭面,将来の不安など原因となる要素は,かなり多い。そして大学生に発症しやすい具体的な疾患として,統合失調症,うつ病,神経症,摂食障害,境界性パーソナリティー障害,アパシーや不眠や生活リズムの乱れや,頭痛,めまい,耳鳴りなどの愁訴が挙げられている(福田,2000)。
大学生においては,身体的な問題よりも心の問題での健康に関しての悩みが多く,内面に多くの心理的な葛藤を持っていると言え,また社会的,環境的変化へも直面していながら社会環境は,近年めまぐるしく変化しておりインターネットや携帯電話の普及等で便利になる一方で,コミュニケーション能力の低下が懸念されている(橋本,2000)。そういった激しく変化しているそういった社会生活状況下で,改めて大学生の精神的健康について考えさせられる。

ポジティブ心理学について


ポジティブ心理学とは、 精神病理や障害に焦点を絞るのではなく
楽観主義やポジティブな人間の機能を強調する心理学の取り組みです。
マーティン・E・セリグマン アメリカ心理学会(APA)の会長が1998年に会員へのニュースレターにポジテイブ心理学の基本的な方向性を示したのが、始まりとされています。

フロー(精神的に熱中して、ハイな状態)になると脳内モルヒネが多く出る実験結果もあります。
満足感、幸福感、集中力、楽しさが増える。
フロー状態でストレス、不安、恐怖が減る。
ポジティブ、笑いや楽観主義が、ナチュラルキラー細胞の増加をもたらし、免疫力を高める。
ポジティブ感情は、ネガティブ感情の生態への影響を除去する働きがあります。(フレデリクソン 2000) 元通り効果。

ポジティブな感情状態にある人は、課題の学習も早くパフォーマンスもよい。
またさまざまな情報に関する好奇心の強さや解放的な知的な資源を多く持っています。
社会的な関係性をきづきやすい。

ポジティブ感情がウエルビーイングを高めるということは、実証されています。

援助、 親切行動を1日一回以上行ったものの 主観的幸福感は、増加していた。

年収500マン以上の群では、年収と人生の満足度とは、無関係である。
GNPが日本の半分以下のブラジル、アルゼンチンのほうが、はるかに満足度が高い。

自分だけでなく他者を喜ばせることにより、自分の満足度が高まってゆく。

楽観的な人ほど主観的健康感が高い。

平均的に他者よりもネガティブな現象が本人には、生じにくいというバイアスがあります。

日本人には、自己卑下的、自己批判的バイアスが、アメリカ、欧州などに比べて高くなっています。それは 恥 謙遜、謝罪の文化でもあるともいえます。

 

ポジティブ構成要素としては

勇気、正義、人間性と愛、節度、超越性、智慧と知識などがあります。

プラセボ効果、ピグマリオン効果など実際に応用できる科学的な効果が今後期待されます。

  


 

吉祥寺ルーム紹介

吉祥寺ルーム紹介

 

こじんまりとした落ち着いた空間でゆったりカウンセリングをお受けいただけます。  

 

 石ストーン.bmp               背面椅子.bmp 前面椅子新.bmp   
 写真.bmp                                 猫写真.bmp ナチュラルロゴ400.bmp

  次の方との時間の間隔は、充分空けていますが、なるべくバッティングされないように、ぎりぎり(5分前〜0分) の時間においで、いただきますようお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

自己正当化と認知的不協和

自分がもともと信じていることを容易に変えられないということに人間には、自分が正しい、自分には、一貫性があると思いたいという欲求があることが知られています。

この現象は、合理化とも言われています。

その有名な例では、イソップ童話のキツネの話で、ぶどうを食べたかったキツネは、あれは「酸っぱいぶどうさ」とつじつまを合わせたのでした。

 そしてほかには「甘いレモン理論」というものもあります。 これについては、どんなレモンが酸っぱかろうと、自分のものは、甘いと思い込もうとするというものです。 人は、自分の持っているものがより良いものであると考えたがるということが統計的にも言われています。手に入れたものが、 想像とは違っていた場合には、気分ちが落ち込みます。そういったことを、避けようとするのが甘いレモン理論です。
社会心理学者のフェスティンガーは、この種の過程を、認知的不協和理論として体系づけて説明しました。認知的不協和とは、個人が心理的に相いれない2つの認知を同時に持っている時の緊張状態で、それを低めようと動機づけます。前のキツネの例では、おいしそうという認知と届かないという認知を取り消して、酸っぱいに違いないと変更して不協和を解消したと説明出来ます。だれでも不都合なことは認めたくないが、これがエスカレートすると「人のものも自分のもの」、「人の迷惑も関係ない」、「人を蹴落としてでも自分が」などととんでもない考え方になりかねなくなることもあります。

統合失調症

統合失調症という病名は、1911年にスイスのブロイラーによって提唱されました。この病気は、思春期青年に発症し原因が不明の精神病といわれています。 発症率は、日本では、0.7%と言われています。それは、人格、思考、感情、行動、興味関心、対人関係などに障害をきたす疾患です。

症状は極めて多彩ですが一般には、陽性症状として 妄想、幻覚、思考障害、自我障害があげられる。 また陰性症状としては、引きこもり、感情の平板化、無関心といった症状と対人関係の偏狭さや

極端な敏感さがあげられています。

統合失調症の正確な原因は、まだはっきり分かっていませんが、脳の機能に障害が起こり、働きが阻害され発症する病気であることが明らかにされつつあります。

原因と思われるのは「ドーパミン」だけではありません。日常生活において、脳は身体の内外からいろいろな影響を受けています。怪我をした痛みといった身体的刺激、学校生活・社会生活から生じるストレスなども、少なからず統合失調症の引き金といわれています。

治癒に至る症例と、軽症型において薬物を服用していけば、社会生活を維持できると考えられていますが、残りの50%の慢性的な経過の患者群の改善が大きな問題となっています。

入院をするほど重症ではないケースの場合は、興味や積極性を改善したり、対人緊張を改善したりする必要があります。一方薬物治療と合わせ中程度および重度の患者群は、疾病ハンディキャップや社会的ハンディキャップによる多くの喪失体験をしているためにその援助をこころがけることが大切です。

中程度の症状であれば、治癒対策として

心理療法
患者の状態に合わせ、心理・精神面をフォーカスした心理的サポート。カウンセリングを行います。

社会訓練
社会復帰、自立に向けての準備。また学校生活、家庭生活など、元の環境に戻れるようにトレーニングする。一般的に急性期を経た患者に対して行う。

そのほかには、

運動療法、食事療法、治療的レクリエーションなど、病院や支援施設によってさまざまな療法を採用している。無理をせず、自分に合ったものを選ぶのが効果的です。